体調・病気の管理

風俗・デリヘルの仕事で一番気を付けなければならないのは健康管理です。特に風俗のお仕事では性病の問題が特に深刻になります。しっかり性病対策を行わなければ、病気になってしまったら働くことができなくなるからです。
また風俗・デリヘルのお仕事は体を酷使する肉体労働になりますから、しっかりと体調管理もしなければなりませんし、一日何回もシャワーをしなければならないためお肌のメンテナンスもしっかり行わなければなりません。そういう意味では風俗の仕事は普通の仕事より体調・病気の管理をしっかり行わなければならない仕事なのです。

まず性病についてですが、これは風俗の仕事をする上では避けられない問題です。性病に感染してしまうのは避けられませんが、しっかりと性病の検査を定期的に受ける必要があります。できれば2週間に1度は検査を受けた方がいいですが、あまり時間が取れない場合でも1ヶ月に1回は必ず検査するようにしましょう。基本的にはお店側で強制的に検査をしてくれるのが理想ですが、自主的に気をつけることが大事です。性病にかかってしまっても薬をもらって1週間程度安静にしていれば、仕事に復帰することができます。

性病に感染しないためには、まずお客さんの体はしっかりと洗うようにして必ずイソジンでうがいをさせることです。また、ちょっと危ないなと思うお客さんであったら注意して接客する必要があります。なんか危ないなと思ったら極力舐めさせないようにしたり、手コキでフィニッシュさせてしまいましょう。

そして、絶対にやってはいけないことは生で本番行為をしてしまうことです。男性客は本番行為を求めてくる場合があります。本番行為をしてしまうのは・・・まぁ仕方がないこととして中には生で本番行為を求めてくるお客さんがいますが、そこは絶対に拒否しなければなりません。生でやってしまうと性病以外にHIV・妊娠とリスクがありすぎです。