iPhoneの白ロム・赤ロム

スマホ端末でよく「白ロム」とか「赤ロム」、「黒ロム」なんて言葉を耳にしますが、なんとなくは知っていても完璧に意味を理解していない方が多いのではないでしょうか?

ざっくりで説明すると「白ロム」は、スマホ端末からSIMカードを抜いただけの状態。なので別のSIMカードを入れれば使える状態にある端末のことを言います。俗にいう「シムフリー端末」のことも白ロムと呼ばれることがありますが、一般的には、キャリア契約のスマホ端末で解約もしくは機種変更でSIMカードを抜いたスマホ端末のことになります。したがって、同一キャリアのSIMカードであれば利用することが可能です。

それとは逆にSIMカードを入れてもキャリアからネットワーク利用制限などをかけれらて使えない状態にあるスマホ端末を「赤ロム」と言います。例えば、分割払い契約のスマホ端末で料金が未払いの場合などで利用制限などのロックがかかります。この何かしらの理由でロックがかかってしまっているスマホ端末を「赤ロム」と呼ばれています。

黒ロムはガラケーで使われる言葉で端末にデータが記憶された状態のことを言います。スマホはSIMカードにデータが記憶されるため、スマホ端末になってからは「黒ロム」聞かなくなった言葉ですね。

私もお店で「白ロム」はもちろんのこと「赤ロム」のiPhoneでも買取をしますが、すぐにオークションなどで転売します。大体のiPhoneは赤ロムでもすぐに転売できるのですが、オークションなどで素人さんが間違えて買ってしまわないかは心配なところですね。

オークション出品のiPhoneだと、出品者によっては表記として白ロムとか赤ロムって言葉を使わないケースもあるので、「アクティベーションロック」や「ネットワーク利用制限×」というキーワードが入っている中古端末には気を付けましょう!業者の方が部品取り用に落札する商品です。中古品を買う場合は、「アクティベート済み」や「ネットワーク利用制限○もしくは△」のiPhoneを落札するようにして下さい。