iPhoneの自己修理

iPhone修理店が増えたおかけで最短で即日での修理が可能になりましたが、修理代は5,000円~10,000円は必ず必要になり、高い場合だと20,000円以上かかることもあります。そこで最近はiPhoneを自分で修理しようとする人が増えてきているようで、動画サイトのYouTubeではiPhoneの修理方法を解説している動画は人気になっています。

iPhoneの修理店で働いている私からすれば、iPhoneを修理するのが仕事ですし、日常的にほぼ毎日行っているので修理には慣れていますが、皆さんの中でどのくらいの人がiPhoneの内部を見た事がある人いるのでしょうか?

私が思うに、ほとんどの方が見た事が無いと思います。しかし、そんな状況でもiPhoneの自己修理を試みる人が増えているように感じます。

そんな人たちはどうやって修理するのでしょうか?
まず、工具や修理部品などはネットからオンラインで簡単に買うことはできます。修理方法はどうやって覚えているのでしょうか?
修理方法に関しては、知識や経験のある方がそばにいればその人に教えてもらいながらやればいいですが、いない方はYouTubeなどを見て手探りでiPhone修理をするそうです。

私のお店にも自己修理して失敗してしまった方が時々来ます(笑)専門的に修理方法を習っていない方は、動画を見れば大まかな修理方法は分かりますが、コツなどは経験が全てですので、素人の方が修理を行えば完璧な修理ができるはずはなく、何かしらの不具合が出てきてしまうでしょう。そんな時に感じるのが、自己修理を失敗して修理に持ってくるなら最初からプロに預けるのが一番だとは思いませんか?時間とお金をかけてやったことが修理ミスをすれば全てパーになってしまいます。

iPhoneの自己修理はうまくできれば修理代を抑えることができますし、楽しいかもしれませんが、失敗のリスクが必ずついてきます。このことを踏まえたうえで、iPhoneを自分で修理するのか、修理店にお願いするのかを慎重に考えるようにしましょう。

iPhoneの修理パーツ(続き)

前回の【iPhoneの修理パーツ】では、「iPhone修理屋」をやるには、修理パーツ(修理部品)の仕入れが一番難しいという話をしました。今回は代表的な修理パーツである「フロントパネル用交換パーツ」のランクについて解説したいと思います。

まず、ランクというのは質(クオリティーの高さ)のことで、実はiPhoneのフロントパネルには、完全オリジナルの交換パーツからスーパーコピー、ただのコピーの交換パーツまで様々なランクがあります。呼称的にはブランド品と同じ感覚ですね。

完全オリジナルというのは、iPhoneとまっく同じ純正の部品になります。スーパーコピーは名前の通りコピー品ですが、厳密に言えばコピー品の中にも格差があり、かなり精度の高いコピー品ということです。コピー品でも、ひどいものになるとiPhoneに装着できないものもあり、かなりクオリティーが低いパーツがあるので注意が必要です。なぜ、どうやってiPhoneの純正部品が出回っているのかは憶測の範囲ですが、iPhoneの工場からの横流しという噂があります。

そして、ほとんどの修理店では、このコピー品、または「再生品」と言ってお客さんから割れたフロントパネルを回収して、それを再生工場で綺麗なガラスに張り替えて再利用するの方法のどちらかです。このコピー品か再生品は、ダメなものに当たってしまうと3ヶ月程度で不具合が起きたりします。そのため保証期間を3ヶ月に設定している修理店が多いのは、これが理由です。

完全オリジナルを使うのはコストパフォーマンス的に厳しいのですが、プライドを持って修理店を運営するのであれば、世界のNo1スマホと言っても過言ではないiPhoneを扱う限り最高レベルのサービスを提供できなければいけないと思います。保証期間を6ヶ月、1年まで延長保証をするなど、街のiPhone修理屋のイメージを悪くならないように、すべての修理店が協力しなければならないと思っています。

iPhoneの修理パーツ

お客様のiPhoneを修理にする時や、買取をしたジャンク品のiPhoneを直して再販売する時でも、必ず必要になるのが「iPhoneの修理パーツ(修理部品)」です。iPhoneの修理店をやる上で、この修理パーツの仕入れが一番難しい課題なのです。なぜなら、安くて質の良い修理パーツを仕入れることができれば、お店の信用とお店の高い利益率を手に入れることができるからです。

iPhoneの修理パーツの多くは、中国のハイテク工業地帯の「深圳(シンセン)」で作られたものが、香港の電気街(日本でいう秋葉原)のようなところで販売されているのですが、それをバイヤーがまとめて買い付けをしてを日本に輸出しています。その買い付け業者の目利きによって修理パーツの質は雲泥の差があります。

私はもともと大手のフランチャイズに加盟をして「iPhone修理屋」をやっていましたが、あまりメリットを感じることが出来ずにFCから脱退して個人事業主としてiPhone修理屋をスタートさせました。メリットを感じなかった理由はいくつかあるのですが、最も大きな理由が修理パーツのことでした。

これからはフランチャイズ先へ「ロイヤリティー」を払わなくて良いとウキウキしましたが、一番不安だったのが修理パーツの安定した仕入れルートでした。運良く幾つかの業者から安定した仕入れルートを確保することが出来たのでなんとかなりましたが、最初は質が良かった修理パーツも、だんだん悪くなったりと質自体はなかなか安定しないとこがあります。

常に新しい仕入先でパーツを試してやっていかないとクレームの嵐で閉店を余儀なくされる恐れもあります。もしiPhone修理屋をやろうと思うのでしたら、修理パーツの仕入れが一番大切で一番難しいと覚えておいてください。