体調・病気の管理

風俗・デリヘルの仕事で一番気を付けなければならないのは健康管理です。特に風俗のお仕事では性病の問題が特に深刻になります。しっかり性病対策を行わなければ、病気になってしまったら働くことができなくなるからです。
また風俗・デリヘルのお仕事は体を酷使する肉体労働になりますから、しっかりと体調管理もしなければなりませんし、一日何回もシャワーをしなければならないためお肌のメンテナンスもしっかり行わなければなりません。そういう意味では風俗の仕事は普通の仕事より体調・病気の管理をしっかり行わなければならない仕事なのです。

まず性病についてですが、これは風俗の仕事をする上では避けられない問題です。性病に感染してしまうのは避けられませんが、しっかりと性病の検査を定期的に受ける必要があります。できれば2週間に1度は検査を受けた方がいいですが、あまり時間が取れない場合でも1ヶ月に1回は必ず検査するようにしましょう。基本的にはお店側で強制的に検査をしてくれるのが理想ですが、自主的に気をつけることが大事です。性病にかかってしまっても薬をもらって1週間程度安静にしていれば、仕事に復帰することができます。

性病に感染しないためには、まずお客さんの体はしっかりと洗うようにして必ずイソジンでうがいをさせることです。また、ちょっと危ないなと思うお客さんであったら注意して接客する必要があります。なんか危ないなと思ったら極力舐めさせないようにしたり、手コキでフィニッシュさせてしまいましょう。

そして、絶対にやってはいけないことは生で本番行為をしてしまうことです。男性客は本番行為を求めてくる場合があります。本番行為をしてしまうのは・・・まぁ仕方がないこととして中には生で本番行為を求めてくるお客さんがいますが、そこは絶対に拒否しなければなりません。生でやってしまうと性病以外にHIV・妊娠とリスクがありすぎです。

はじめて風俗で働くなら

風俗で働こうと思っていてもなかなか一歩を踏み出すのは難しいことでしょう。昔ならスカウト会社が多くあったので、路上で声を掛けられて良い風俗店を紹介してもらったり、面接から初出勤までスカウトマンたちがサポートしてくれる時期がありました。今でも風俗のスカウトマンは存在しますが、スカウト規制が厳しくなってしまい昔より減ってしまいました。

今はインターネットが普及したので、条件の良い風俗求人は自分で簡単に探すことができます。しかし、条件の良い風俗求人があったとしてもなかなか電話をして面接まで実行できる人は多くありません。

最近では、風俗店もそんな人の為に1日体験入店をしてくれるところがあります。初めて風俗で働く女の子は実際の仕事内容についてわかりません。そんな時は一日体験入店してみてどんな雰囲気なのか、どんな接客を行うのかなどを知っておくといいかもしれません。案外、体験で働いてみれば、それまでの不安が解消されてしまい実際にフルタイムで働くという女の子が多いようです。

昔なら面接を行い、問題がなければ店長が実技講習を行う時期もありましたが、最近は実技講習を行うお店はかなり減ったみたいです。女の子がとても嫌がるため、高級店など以外は行わず、基本的には説明を聞き後は本人にプレイ内容は任せることが多くなりました。

基本的に普通のデリヘル店であればプレイ内容はどこも同じで、素股か手コキでフィニッシュという感じになるでしょう。あとは経験でお客さんからプレイ内容を教えてもらったりで1週間もすれば何も心配ない風俗嬢になるでしょう。

ソープランドやマットヘルスなど普段やったことがないプレイ内容をサービスにしている風俗店の場合は実習が必要になるかもしれません。しかし、最近のソープランドも昔より接客態度は厳しくなくなり、プレイ内容など女の子のテクニックもそれほど良くなくなり、普通のヘルスと変わらないお店が増えてきているみたいです。

あとは、お客さんとトラブルさえ起こさなければ、一人前の風俗嬢に簡単になってしまいますよ。